ドクターに聞く

ドクターに聞く性感染症の知識

性病(性感染症・STD)について

性的な接触により感染する病気のことを性感染症と呼びます。クラミジアやヘルペス、HIVなどを含めた約20種類の病気がこの中に含まれます。

女性の性感染症の特徴は、男性よりも罹りやすいお腹の中まで感染が広がる可能性がある、母子感染による赤ちゃんへの影響、感染初期は自覚症状の乏しい場合が多い、不妊症の原因となる といった点が挙げられます。また近年の性行為の多様化から性器以外のノドへの感染も増えています。従って自分を守るためには、性感染症に対する正しい知識を持って予防に努めることと、パートナーが変わった時などに適切な健診を受けることが重要となります。感染が判明した場合には、早期であれば簡単な治療で済むことが多く、病気を繰り返さないためにはパートナーも同時に治療を受けることが必要です。

ここでは、最近問題になっている女性の性感染症をいくつか解説します。

クラミジア

現在最も患者の多い性感染症です。クラミジア・トラコマチスという病原体の感染によって子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、尿道炎や咽頭炎などを引き起こします。しかし感染の初期には無症状であるために感染に気づかずに放置されているケースが少なくありません。クラミジア単独の感染による子宮頚管炎では水っぽい白濁したおりものや、不正出血を認めます。他の細菌との混合感染では、膿性のおりものとなることもあります。さらに卵管炎や骨盤腹膜炎に進展すると下腹部痛や性交痛を自覚するようになります。そして不妊症や流産の原因になることもあります。診断は、クラミジア核酸増幅検査(PCR法・SDA法・TMA法)や血液検査(過去に感染したことがない場合)によって行われます。治療としては有効性の確認されている抗生剤を服用していただきます(最近では1日の服用でよい新薬もあります)。コンドームを使用しない人やパートナーが変わった人で、おりものが多いと気になる方は早めに検査を受けましょう。

淋病

淋菌の感染によって子宮頚管炎を起こし、典型的なケースでは膿性のおりものが出てきます。クラミジアの場合よりおりものが多く炎症も強いといわれていますが、自覚症状の全くない人もいます。そしてクラミジアと同じように子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、尿道炎や咽頭炎などを引き起こします。診断は淋菌核酸増幅検査(PCR法・SDA法・TMA法)によって行われます。またクラミジアとの混合感染も少なくないので2つの検査を同時に行うこともあります。治療には、抗生剤の点滴(ロセフィン)や内服薬(ジスロマック)を用いますが、耐性菌(抗生剤が効きにくい細菌)が出現しているために完治するまでに時間がかかることもあります。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスの感染により発生する外陰部、膣、肛門周囲の「いぼ」です。典型例では先のとがったカリフラワーのような「いぼ」が1個もしくは多数できます。診断は視診だけで済む場合もありますが、確定診断には組織検査が必要です。治療には、外科的切除、電気焼灼、液体窒素による治療、レーザー治療などがあります。当院では、有効性や再発率の面から保険適応のある外科的切除と電気焼灼の併用を主に行っています。また、外陰部や肛門周囲などの部位だけにある場合は、ベセルナクリームが使用できます。治療後の再発については、どの方法を選択しても10%前後に認められることなので経過観察は大切です。尖圭コンジローマの原因であるヒトパピローマウイルスは子宮頚がんとの関連もわかって来ていますので、子宮頚癌検診も受けてください。 またワクチンが開発され、予防することが可能となりました。

ドクターに聞く一覧へ