ドクターに聞く

ドクターに聞く子宮内膜症の知識

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、子宮内膜(生理のときに出血する部分)に類似した組織が卵巣や骨盤の中で増殖し、そのために生理痛、生理の出血量増加、性交痛、腰痛、不妊などの症状を来たす疾患です。最近では日本人女性の約10%に子宮内膜症があるとされ、増加傾向にあると考えられています。良性の疾患ですが、放置すると徐々に進行する場合が多いため、早めにご相談ください。子宮の筋層で子宮内膜類似組織が増殖した場合は子宮腺筋症と呼び、腸・肺・膀胱などに発症した場合は、異所性子宮内膜症といいます。

診断は、どのような症状があるかをお聞きし、内診や超音波検査、血液検査、MRI、腹腔鏡検査などによって行われます(内診が困難な患者さまでは、腹部の診察を行います)。内診や腹部の診察により卵巣や子宮が大きくなっていないか、子宮やその周りを圧迫すると強く痛むか、子宮を押さえたときの動きが制限されていないかなどを調べます。超音波検査では、卵巣や子宮の大きさを計測し、卵巣チョコレートのう胞や子宮腺筋症の有無を調べます。血液検査では、子宮内膜症の患者さんの約50%で陽性となるCA125を測定します。精密な診断が必要なケースでは、近隣の検査施設と連携してMRIや腹腔鏡検査を受けていただくことも可能です。

治療は、鎮痛剤・ホルモン剤・漢方薬を用いた薬物療法と手術療法の2つがあります。最近では、ヤーズ・ルナベル・ディナゲストといった月経困難症(生理痛)や子宮内膜症の新しい治療薬が承認され、大きな治療効果をあげています。ホルモン剤を服用することができない場合は、漢方薬や鎮痛剤を使ってみましょう。その他に、女性ホルモンを抑える作用のあるナファレリール・ナサニール・スプレキュア・リュープリンなどのGnRHアナログ剤を用いた治療を行います。大切なことは、早期に正確な診断を受け、自分に合った治療を受けることです。また一部には悪性化の報告もあることから、しっかりと経過観察することも必要です。

ドクターに聞く一覧へ