ドクターに聞く

ドクターに聞く生理不順・生理痛の知識

生理不順について

正常な生理(月経)とは、およそ25日から38日の間隔で起こり、3〜7日間で自然に止血する周期的な子宮からの出血のことです。また1回の生理で出血する量は、30〜140gとされています。女性は12歳頃に初経(初潮)を迎え、思春期を過ぎる頃までに卵巣の機能が安定すると月経も順調となります。生理不順では、様々な原因から卵巣や子宮の機能が不安定になったために、生理の間隔や出血日数、出血量が前述の目安から外れてしまった状態となります。そのような状態では、日々の生活や体調にも影響することがあり、生理が順調であることはとても大切なことです。頻回に生理が来るために貧血やナプキンかぶれになってしまたり、生理が不規則であるために仕事や旅行の計画が立てにくい、生理が遅れるたびに妊娠が不安になるなど多くの理由で相談に来院される患者さまは少なくありません。生理不順の原因には、体質的なもの、食生活の不安定とそのための体重減少や増加、精神的や肉体的なストレス、高プロラクチン血症、脳下垂体の異常、卵巣の異常、子宮の異常、甲状腺疾患など多くの種類があります。治療は原因に対するそれぞれの治療と、漢方薬やホルモン剤やその他の補助療法による治療に分けられます。当院では、患者様の体調に合わせた治療を心がけています。

生理痛(月経困難症)について

生理中に起きるお腹や腰の痛みを一般に生理痛といいますが、医学的には、生理の期間中におきる腹痛・腰痛・吐き気・頭痛・イライラなどの精神不安・下痢などで日常の生活に影響をきたす状態を月経困難症といいます。原因は、子宮内膜で産生されるプロスタグランディンが強い子宮の収縮を来たし、子宮の血流が減少するためと考えられています。その他には心因説、体質説、ホルモン説などがあります。また子宮内膜症や子宮筋腫などの基礎疾患が存在する場合も少なくないことから、診断の時には充分注意しなければなりません。基礎疾患のない場合の治療には、鎮痛剤、低用量ピル、月経困難症治療薬、漢方薬、安定剤などを使用します。来院していただきましたら、まず次回の(生理中であれば現在の)生理痛を軽減するために鎮痛剤を処方いたします。その後は長期的な治療計画を患者さまと一緒に考えていくことになります。鎮痛剤が体質に合わない場合や、避妊もしたい場合、月経前症候群(生理の1週間ほど前からの心身の不調)の治療もしたいといった場合では低用量ピルを試すとよいでしょう。服用開始後2〜3ヶ月目には、鎮痛剤が必要なくなることもよくあることです。最近では、月経困難症治療薬であるヤーズルナベル(※)が承認され、良好な治療成績を上げています。生理痛のある患者さまの経過を続けて見させていただいていると、子宮内膜症を発症される方が少なくない事がわかってきました。このことから最近では、子宮内膜症の予防効果のある月経困難症治療薬や低用量ピルが推奨されるようになってきました。当帰芍薬散や桂枝茯苓丸などの漢方薬は、身体への負担も少なく効果も期待できます。

生理のたびに寝込んでしまったり、仕事に影響が出て困っているといった場合は、早く治療を受けて快適な生活を取り戻しましょう

(※):ルナベルは、子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬もしくは機能性月経困難症の治療薬 (基礎疾患のない生理痛の治療薬)として承認されました。

ドクターに聞く一覧へ