ドクターに聞く

ドクターに聞く更年期の知識

更年期障害について知りたい

更年期とは、生理が止まる年齢の前後約5年間の時期を意味します。つまり日本人女性の生理が止まる平均的な年齢は50歳ですから、その更年期はおおむね45歳から55歳と考えられます。この時期に特徴的に出現する、のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)、多汗、不眠、疲労感などの多彩な症状により日常生活に影響のみられる場合を更年期障害と呼びます。原因は、更年期の卵巣機能の低下に起因するエストロゲンというホルモンが急に減少するためと考えられています。また家庭や職場での人間関係や健康に関する不安といったストレスも大いに関連しています。

更年期障害の主な症状

  • (1)自律神経失調症状
    顔のほてり、のぼせ、発汗、冷え性、不眠症、動悸、めまい、 頭痛、耳鳴り、息切れ
  • (2)精神的な症状
    うつ症状、不安感、意欲低下、記憶力低下
  • (3)その他の症状
    肩こり、関節痛、腰痛、食欲不振、疲れやすい、かゆみ、頻尿、尿失禁、性交痛

更年期障害の診断は、問診や質問紙(簡易更年期指数)によって行われることが多いのです。これに加えて、ホルモンの測定や一般的な血液検査を受けていただきます。また、隠れた病気がないかどうか鑑別するための検査を受けていただくこともあります。

治療には、食事療法、運動療法、精神療法、漢方やホルモン剤などを用いた薬物療法などがあります。ご家庭ではカルシウムやビタミンDの摂取に配慮したバランスのよい食事、体操や水泳などの中から適度で継続できる運動を試みてください。当院では、それぞれの訴え、症状に合った治療を、患者様と相談しながら進めてゆきます。

症状の比較的軽い方やホルモン剤を服用するのが不安な方には漢方療法を中心に行います。ほてりやのぼせなどの症状が強い場合や、即効性を期待する場合にはホルモン療法が有効です。

ホルモン療法(HRT)

女性の体内で色々な部分がスムーズに働くように、様々な役割を果たしているのが女性ホルモンであり、更年期になって不足してきた分を補うのがホルモン補充療法です。具体的には、エストロゲンの含まれる内服薬や外用薬を用いて行われます。薬の種類や量を調節することで、患者さまの体に合った安全な治療を行っています。がんとの関連については、がんの種類によって危険率が減少すると考えられているものと、多少影響すると考えられているものがあります。したがってホルモン補充療法を受ける場合には、毎年の子宮がん検診と乳がん検診は受けていただいたほうがよいと思います。治療期間は患者様と相談し、症状の改善効果を見ながら短期間で休止したり、更年期の間だけ続けたり、休薬してしまうと症状のコントロールが難しい場合では副作用に注意しながらしばらく続けることになります。

更年期を迎えたら、自分の身体がどんな状態にあるのか産婦人科で健康診断を受けてみることもよいでしょう。そして前述した症状にお困りでしたら、産婦人科専門医にご相談ください。

ドクターに聞く一覧へ